日本国際箱庭療法士学会
 
日本国際箱庭療法士学会(Japan society for ISST members)とは
 本学会は国際箱庭療法学会(ISST, 1985年創設)の創設会員河合隼雄先生、樋口和彦先生、山中康裕先生を中心に、日本の会員組織として2001年9月に発足し、1987年創設の日本箱庭療法学会(JAST)との密接な連携協力関係のもとに活動を続けてまいりました。現在は名誉会員山中康裕先生とともに、岡田康伸会長、鈴木康広事務局長のもと、総員9名の国際箱庭療法学会(ISST)正会員が所属しています。アメリカの会員組織(STA)のリース滝幸子先生もオブザーバーとして活動に加わっています。
 国際箱庭療法学会(ISST)はドラ・カルフ先生の呼びかけにより、河合隼雄先生をはじめとするスイス、イタリア、イギリス、アメリカ、日本、5カ国の箱庭療法家14名が集まって始まり(翌年ドイツが加わり6カ国)、現在では正式な会員組織は16カ国(独立会員の国を加えると28カ国)に置かれています。隔年で大会が開催され、合間の年には箱庭療法の教育訓練の機会を提供するための集中トレーニングウィーク(ITW)が催されています。これらの行事に合わせて、各国代表が集う理事会(Board Meeting)が毎年開催されます。刊行物としては年2回のニュースレターが発行されており、各国の箱庭療法の状況が発信されています。目下、国際的なジャーナルの準備も進行しています。
 日本国際箱庭療法士学会は日本の箱庭療法の状況を世界に発信し、世界各国の情報を持ち帰りお伝えするとともに、国際箱庭療法学会(ISST)に加わりたい方の支援を通して、箱庭療法と日本箱庭療法学会(JAST)の発展のお役にたてればと願っています。

国際箱庭療法学会(ISST)の大会とITW
 第26回大会が2021年10月にイスラエルで予定されています。
 2020年度集中トレーニングウィーク(ITW)は8月にチリ・サンチャゴで予定されていましたが、コロナウイルス感染のため中止となりました。
 日本国際箱庭療法士学会の総会は日本箱庭療法学会(JAST)大会期間中または前後に開催予定です。

国際箱庭療法士学会(ISST)正会員になるには
 本学会のティーチングメンバー(TM)が講師や指定討論を務めるワークショップや研修会に参加されると、正会員になるために必要な「理論的トレーニング100時間」のうちの参加時間数として認定されます。ご希望の方は研修修了時に参加証明書をお申し込み下さい。
 その他の要件として、箱庭によるパーソナルプロセス(教育分析)を受けていること、箱庭のケースのスーパーヴィジョン(個人、集団あわせて)80時間以上(TMとの)、シンボルペーパー2篇の提出、ケース研究1篇の提出、などです。詳しくは国際箱庭療法学会(ISST)のホームページwww.isst-society.comの「メンバーになるためにはBecoming a certified member」にアクセスして下さい。あるいはTMまたは資格審査委員(岡田康伸、鈴木康広、篠原道夫)にお尋ね下さい。
 ちなみに、本学会の日本人のメンバーは以下の通りです。ティーチングメンバーはTMを付けています(敬称略・順不同)。

 山中康裕 Yasuhiro Yamanaka(TM)
 岡田康伸 Yasunobu Okada(TM)
 弘中正美 Masayoshi Hironaka(TM)
 名取琢自 Takuji Natori(TM)
 鈴木康広 Yasuhiro Suzuki(TM)
 篠原道夫 Michio Shinohara
 北添紀子 Noriko Kitazoe(TM)
 安島智子 Tomoko Ajima(TM)
 戸塚悌子 Teiko Totsuka(TM)(STA準会員)
 リース滝幸子 Sachiko Taki-Reece(TM)(STA)

本学会TMが関わるワークショップや研修会のご案内
(当面、自粛中)(状況を判断して開催する予定のものもあり)
2020年不定期:事例検討会:鈴木康広:第15回、16回佛教大学箱庭療法研究会
2020年不定期(7月時点で未定):心理療法(ケース)研究会:戸塚悌子
など
※不定期のものは主催者にお問い合わせください。
※10月17日に日本箱庭療法学会(JAST)第34回大会主催のワークショップを予定していましたが、大会中止につきキャンセルとなりました。

連絡先
日本国際箱庭療法士学会事務局
〒541-0047
大阪市中央区淡路町4-3-6 新元社内
E-mail : jisst_office@sandplay.jp
Fax : 06-6233-8529

※事務局へのお問合せ・ご連絡は、E-mail、FAX、または郵便でお願いします。

リンク
国際箱庭療法学会 一般社団法人  



Copyright © Japan society for ISST members All Rights Reserved.