日本箱庭療法学会
ホーム 学会賞・河合隼雄賞 年次大会 全国研修会・地区研修会 木村晴子記念基金 入会について 組織と役割
 
年次大会
第34回大会テーマ「やきものと心の世界」 大会長 西村 喜文(西九州大学)
 新型コロナウィルス感染拡大の中、日本箱庭療法学会第34回大会を見送ることになりましたが、西九州大学佐賀キャンパスと佐賀市文化会館を会場とし2021年10月9日(土)・10日(日)の2日間にわたって開催することになりました。第21回大会(ハウステンボス会場)以来の九州の地での開催となります。

 今大会のテーマは「やきものと心の世界」としました。佐賀は伊万里焼、有田焼、唐津焼など「やきもの」の文化が古くから根付いている地でもあり、1640年から鎖国時代を迎えていた日本において「やきもの」を通した貿易が許されていた歴史があります。このように古い歴史の中で息づく伝統文化・芸術・技術を通して、「もの」と向き合っている人間の心の世界を考えていこうと企画しました。このことは、箱庭療法に極めて通じることではないかと考えています。

 大会初日のシンポジウムでは、日本伝統工芸士会 伊万里有田焼伝統工芸士である畑石眞嗣氏に登壇していただき「やきものと心の世界」という論題で基調講演をしていただきます。その後、岩宮恵子先生(島根大学)、河合俊雄先生(京都大学)にも登壇いただきます。臨床の知を備えたお二人の素睛らしい先生方と「やきもの」に向き合われている伝統工芸士とのディスカッションは有意義なものになると思います。

 また、佐賀には日本が大きく変わろうとした江戸時代の終わりから明治時代にかけて、中心的な役割をしたといわれる「佐賀の七賢人」と呼ばれる人たちが活躍した地でもあります。このような歴史のある街に箱庭療法家が集い「心の世界」に触れることができれば幸いです。

 今後の感染状況等に応じて開催方法など変更の可能性はありますが、原則、会場に来場いただく通常の大会を考えております。

 準備委員一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

大会・ワークショップについて
   大会およびワークショップの詳細は、下記をご参照ください。
第34回大会案内 第34回大会 ワークショップ案内
大会プログラムについて

   ※会員専用ページにて大会プログラムを公開予定(会員のみ閲覧可能)。
参加申込について
   お申し込みは、WEBもしくは郵送のどちらかで受け付けております。
   WEB申込の場合 → WEB申込の場合
   郵送による申込の場合 →
    ※学会事務局までご郵送ください
    〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町4-3-6新元社内
    一般社団法人日本箱庭療法学会事務局
郵送による申込の場合
シンポジウムのみ申込の場合(一般の方向け)
   WEB申込の場合 → シンポジウム申込フォーム
 
 
学会事務局からのお願い
学会事務局からのお願い
第34回大会に関する問い合わせ先・連絡先
E-mail congress@sandplay.jp
Fax 0952-37-5122
郵便 〒840-0806 佐賀県佐賀市神園3丁目18-15
西九州大学大学院 臨床心理相談センター内
一般社団法人日本箱庭療法学会 第34回大会準備委員会

※お問い合わせやご連絡は、なるべくEメールでお願いいたします。
※お電話でのお問い合わせには応じられませんので、あらかじめご了承ください。



Copyright © The Japan Association of Sandplay Therapy All Rights Reserved.