日本箱庭療法学会
ホーム 学会賞・河合隼雄賞 年次大会 全国研修会・地区研修会 木村晴子記念基金 入会について 組織と役割
 
年次大会
第33回大会テーマ「箱庭療法と仏教」 大会準備委員長 桑原 知子(京都大学大学院教育学研究科)
 向春の候、日本箱庭療法学会の会員の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 このたび、日本箱庭療法学会第33回大会を2019年11月16日、17日に京都国際会館と京都大学(ともに京都市左京区)において開催することとなりました。大会を京都大学が主催するのは、1991年以来のこととなります。
 今年は、河合隼雄先生の十三回忌の年に当たり、この大会はその記念大会と位置づけ、テーマを「箱庭療法と仏教」といたしました。皆様もご承知の通り、河合隼雄先生の代表的な著作のひとつに『ユング心理学と仏教』がありますが、先生は仏教に深い関心を寄せておられました。先生にとってはとりわけ、華厳経が説く、あらゆるものがつながっていて個々の区別などない「茫々とした世界」こそが、心理療法において「非個人的な関係」が開けゆく地平であり、箱庭はそれ自体として、「深い転移」へとクライエントを誘い、個人的な感情を超えた「クライエントと分離し難いほどの深いレベルにおける、苦しみとかなしみ」へとセラピストを導くトポスでもあったのでしょう。
 このような今大会では、初日のシンポジウムで中沢新一先生に登壇していただき、「河合隼雄と仏教」と題した基調講演を行っていただきます。中沢先生は、仏教、特に華厳経を通じても、河合隼雄先生と生前たいへん親交が深く、現在も河合隼雄学芸賞の選考委員をつとめておられます。また、この基調講演の指定討論者として、当学会の河合俊雄常務理事が登壇いたします。この講演を通して、そしてその後のお二人の対話を通して、「河合隼雄と仏教」というテーマがどのように展開してゆくのか、深まってゆくのか、たいへん楽しみです。
 さらに、初日の午前中には、12名の講師によるワークショップも開催されます。いずれも、心理療法の多様な実践を中心に据え、興味深いテーマが取り上げられています。
 また、大会開催時の京都は、観光のハイシーズンとなりますので、京都国際会館、および京都大学へのアクセスがよいホテルの手配も、同封の別紙の通り、JTBを通じてすでにお願いしております。是非ご利用いただけますようお願いいたします。
 一年で最も美しい季節を迎える京都で開催される、河合隼雄先生の十三回忌記念大会に、多くの会員の皆様にお集まりいただくことを楽しみにお待ちしております。

大会・ワークショップについて
   大会およびワークショップの詳細は、下記をご参照ください。
第33回大会案内 第33回大会 ワークショップ案内
参加申込について
   お申し込みは、WEBもしくは郵送のどちらかで受け付けております。
   WEB申込の場合 → WEB申込の場合
   郵送による申込の場合 →
     (大会準備委員会宛にご郵送ください)
郵送による申込の場合
学会事務局からのお願い
学会事務局からのお願い
第33回大会に関する問い合わせ先・連絡先
E-mail congress@sandplay.jp
Fax 06-6233-8529
郵便 〒541-0047
大阪市中央区淡路町4-3-6
(有)新元社内
一般社団法人日本箱庭療法学会 第33回大会準備委員会
※お問い合わせやご連絡は、なるべくEメールでお願いいたします。
※お電話でのお問い合わせには応じられませんので、あらかじめご了承ください。



Copyright © The Japan Association of Sandplay Therapy All Rights Reserved.