日本箱庭療法学会
ホーム 学会賞・河合隼雄賞 年次大会 全国研修会・地区研修会 木村晴子記念基金 入会について 組織と役割
 
全国研修会・地区研修会
2000年、厚生省(現・厚生労働省)が被児童虐待児対策として箱庭療法の導入を促進したことを受け、箱庭療法の理解と研修の場を非会員にも提供するべく、箱庭療法研修会開催事業を立ち上げ、毎年2回の全国研修会ならびに毎年1回全国6地区で地区単位の箱庭制作実習研修会を継続的に開催しています。
「全国研修会のご案内・お申し込みはこちら」 「地区研修会のご案内・お申し込みはこちら
全国研修会
 

2018年度第1回 一般社団法人日本箱庭療法学会研修会のお知らせ より詳しい情報はこちら(PDF)

主催 一般社団法人 日本箱庭療法学会
ご挨拶
 日頃、さまざまな心理臨床の現場に携わっておられる皆さまには、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 2018年度第1回の全国研修会は、学習院大学で開催させて頂きます。全体講演では、ユング派分析家・北口分析プラクシスの北口雄一先生に、「心理療法とは何か?どう効くのか?」という演題で、お話して頂きます。とても刺激的な演題です。「心理療法とは何か」という問いは、そのまま「こころとは何か」という問いに直結するものと思われます。こころは目に見えません。目に見えないものを「何か」と問うには、その「何か」を象徴として現前させることも一つの方法かもしれません。皆さまが日頃取り組んでおられる心理療法について、「心理療法とは何か」と、今一度、考えてみるいい機会を頂けることと思います。
 今回も、6つの分科会と、震災対策用分科会を1つ設けております。6つの分科会のうち2つの分科会で事例を募集しております。北口雄一先生も、全体会に引き続き、「イメージによる心理療法とは、何か」というタイトルで事例を募集しておられます。全体会と関連して、箱庭・夢を用いた事例などから、「心理療法とは何か」を深められるようです。また、震災対策用分科会では、福島県臨床心理士会会長の安部郁子先生に福島の子どもたちの現状についてお話頂きます。福島の7年とこれからをじっくりと考える分科会になることと思います。
 皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。
2018年4月吉日
  一般社団法人 日本箱庭療法学会
研修委員長 川戸 圓

日時 2018年7月1日(日)12:00〜17:30 (受付11:30〜)
場所 東京
会場 学習院大学 西2号館(東京都豊島区目白1-5-1)
定員 200名
参加資格 以下の条件のいずれかを満たす方とします。
1. 一般社団法人日本箱庭療法学会会員
2. 箱庭療法を導入・または導入を検討中の児童相談所・児童養護施設等の心理職に従事されている方
3. 箱庭療法を導入・または導入を検討中の学校等教育機関の保健・養護領域に従事されている方
4. 心理臨床を専攻する大学院生
参加費 学会員:4,000円     非会員:7,000円     大学院生(非会員):5,000円
研修ポイント 本研修会への参加は、臨床心理士教育・研修規定別項第2条(3)により、一般参加者は2ポイント、事例呈示者は4ポイント取得となります。
研修内容
(1) 全体会:12:00〜14:00
テーマ 「心理療法とは何か?どう効くのか?」
  講 師 北口 雄一氏(北口分析プラクシス)
  概 要 心理療法の難しさの一つは、人の性格やあり方が様々にある分だけ、様々なセラピスト側のオリエンテーションがあることで、また同時に、クライエントのあり方も様々であるゆえに、すべてのクライエントに効く唯一の心理療法の方法やあり方はない、ということだと思います。そこから、経験を積んでも心理療法で何をしているのか分からないと悩んでおられる方も多くおられると思います。今回は、二項対立という動きの中でこころという現象に近づいていくユング心理学の立場や視点から、国家資格と向き合う今だからこそ、あらためて、心理療法とは何か、特にイメージに軸足を置く心理療法とは何か、どう効くのか、響くのかに、具体的な例も交えながら立ち戻りたいと思います。
(2) 分科会:14:30〜17:30
7グループに分かれ、分科会を行います。
事例呈示を募集している分科会は、概要の最後に<事例募集>の表記のある分科会です。事例呈示希望者は、下記「事例発表申込について」をご参照の上、メール添付もしくはFAXにてお申し込みください。
参加お申し込みについて
研修会へのご参加は、WEBもしくはFAXのどちらかで受付けております。
   WEB申込の場合 → WEB申込の場合
   FAXでの申込の場合 →
 (日本箱庭療法学会事務局宛にFAXをお送りください)
郵送による申込の場合
 
※参加申込締切: 2018年5月11日(金)【必着】 ※参加申込受付を締め切りました。
・お申し込みは、原則として先着順とさせていただきます。
・分科会コースの通知はおこなわず、お申し込みいただいた分科会で受付けさせていただきます。
・定員となった分科会より締め切らせていただきます。
 また、希望者多数の場合にはご参加いただけない場合もございますので、予めご了承ください。
事例発表申込について  事例発表申込は、上記「参加申込について」と同様にWEBもしくはFAXにてお申込みいただけます。
WEB申込の場合
申込フォームより、事例発表を「希望する」にチェックし、申込フォーム上にある<事例概要記入シート>にご記入の上、メール添付で日本箱庭療法学会事務局(office@sandplay.jp)までお送りください。参加申込締切後、事例発表の可否について、事務局よりご連絡いたします。
FAXでの申込の場合
参加申込書裏面に必要事項をご記入の上、参加申込とあわせてFAXをお送りください。
参加費振込み
について
自動返信メールもしくは、返信FAXを受領後に、以下の口座へ参加費をお振込みください。
振込先: ゆうちょ銀行振替口座 00900−8−233788
加入者名:  一般社団法人日本箱庭療法学会研修委員会
参加費振込締切:2018年5月25日(金)
納入された参加費のご返金はできませんので予めご了承下さい。
振替用紙の通信欄には、「2018年度第1回全国研修会参加費」とご記入ください。
振込締切までに入金を確認した方には分科会番号・名前等の記載された名札カード・名札ケースをお送りいたします。 当日は名札・名札ケースをご持参いただき、身に着けてご参加下さい。
振込締切以降に参加費を入金された場合は、研修会当日に受付で名札をお渡しいたします。
名札ケースは研修会終了後、必ずご返却くださいますようお願いいたします。

  より詳しい情報はこちら(PDF)

地区研修会
 

北海道・東北地区 (受付中)  参加申込書
参加申込フォーム
※FAXでお申し込みされる場合は、参加申込書を
 日本箱庭療法学会事務局宛にお送りください。
関東・甲信越地区
中部・北陸地区
近畿地区 (受付中)  参加申込書
中国・四国地区 (受付中)  参加申込書
九州・沖縄地区

Copyright © The Japan Association of Sandplay Therapy All Rights Reserved.