日本箱庭療法学会
ホーム 学会賞・河合隼雄賞 年次大会 全国研修会・地区研修会 木村晴子記念基金 入会について 組織と役割
 
木村晴子記念基金
一般社団法人日本箱庭療法学会は、本会元理事であり学会賞受賞者である故・木村晴子氏から本会が特別縁故者として受けた財産分与金を、箱庭療法学の発展を支援することを使途として「木村晴子記念基金」を設立いたしました。
使途
本基金の使途は以下の通りです。
  1. 「一般社団法人日本箱庭療法学会附属木村晴子記念箱庭療法研究所」の維持費(七回忌までを目途に)
  2. 博士論文に相当する学術論文の出版助成
  3. 「箱庭療法学研究」に掲載される外国語論文校閲費
  4. 木村晴子氏七回忌記念シンポジウムの運営にかかる費用
2018年度 学術論文出版助成 公募要領
2017年度の学術論文出版助成の公募をおこなっています(公募締切:2018年1月末日必着)。
出版された著作は「箱庭療法学モノグラフ」シリーズとして刊行されます。
  公募件数 1件。助成額は100万円を上限とする。
  応募条件 1. 著者は本会会員であること。
    2. 博士論文として認められたもの、あるいは、博士論文に相当する学術論文であり、申請時に論文が完成しているもの。
    3. 箱庭をはじめとする、心理療法における「イメージ」に関する論文であること。
    4. 「箱庭療法学研究」掲載の論文を少なくとも1本、その内容として含むことが望ましい。
    5. 採択を通知された後、公募の当該年度5月末には完成稿を提出できる準備状況にあること。
  応募方法等詳細は2018年度公募要領(PDF)をご覧ください。
箱庭療法学モノグラフ シリーズ
第1巻 『思春期男子の心理療法――身体化と主体の確立』 梅村高太郎著
第2巻 『箱庭療法の治療的仕掛け―制作者の主観的体験から探る』 石原宏著
第3巻 『心理療法における葛藤と現代の意識―TATに表れた他者のイメージ』 野口寿一著
第4巻 『物語ることと〈私〉―心理療法における物語の可能性』 長谷川千紘著
第5巻 『物語(tale)の臨床心理学―“お話”にならないお話がもつ治療的意味』 田中史子著
第6巻 『イメージの治癒力をめぐって』 友久茂子著
第7巻 『人形遊びの心理臨床』 菱田一仁著


Copyright © The Japan Association of Sandplay Therapy All Rights Reserved.